Home / Life / 【ピックアップ】役所広司さん出演映画から戦後70年談話まで ―今週の「戦後70年」トピック7選―

【ピックアップ】役所広司さん出演映画から戦後70年談話まで ―今週の「戦後70年」トピック7選―

こんにちは、70seeds編集部です。
夏が近づき、様々なメディアで「戦後70年」に関するニュースが増えてきました。70seedsより、その週に報道されたニュースの中から、特に気になったトピックを紹介します。
 
 

<戦後70年 芸は脈々>没後50年、花柳章太郎 女方から女優時代にかじ

 
(東京新聞、5月22日掲載)
 
戦前~戦後に活躍した「劇団新派」の看板スター、花柳章太郎(一八九四~一九六五年)。人間国宝にも指定された彼が作り上げた「女方」芸が現在までどのように受け継がれているのか、裏側の努力にまで焦点を当てて紹介されています。
 
 
 

沖縄戦 7歳一人ぼっち 戦災孤児の戦後70年

 
(沖縄タイムス、5月18日掲載)
 
壮絶な地上戦が繰り広げられた沖縄。その戦争体験者のインタビューを紹介。当時国民学校1年生だった女性はどのように戦後を生きてきたのか。戦争中から収容所での生活、亡くした家族のことを後世に伝えていくため戦後取り組んだこととは。淡々と綴られた中にも強い思いが見える、息を飲むインタビューです。
 
 
 

戦後70年 『魂の叫び』形に


(タウンニュース町田版、5月22日掲載)

 
原町田の三寶山勝楽寺に5月15日建立されたモニュメントに関するニュース。同寺の総代であり、町田市および東京都の名誉市民/都民に選出されている三橋國民氏によるこの「鎮魂の碑」は、ニューギニア戦線で生き残った同氏が、玉砕した同僚への想いを形にしたもの。今後も各地でこのような取り組みがなされていくことでしょう。
 
 
 

役所広司 戦後70年映画「日本のいちばん長い日」へ熱い思い!本木雅弘 樹木希林に背中押される


(NEWS LOUNGE、5月20日掲載)

 
5月20日に開催された、俳優・役所広司さんらが出演する映画『日本のいちばん長い日』の制作記者会見に関するニュース。「日本の終戦を描いたこの映画を1人でも多くの人に観ていただきたい」という役所さんの挨拶や、昭和天皇を演じる本木雅弘さんの想いが紹介されています。
 
 
 

歴史に刻まれる「受難」


(神戸新聞、5月17日掲載)

 
700年前のモンゴルによるポーランド侵攻を取り上げ、現在まで「受難」という言葉で語られる同国の歴史を紹介。今週話題になった「村山談話」をめぐる議論に対する視点の1つとして語っています。
 
 
 

シンガポール前首相「70年談話、踏み込んで」


(日経新聞、5月21日)

 
同じく「戦後70年談話」に関する記事。今年安部首相が発する談話には、国際的な注目が高まっています。