Home / Blog / 【早稲田】学生街の老舗、五十嵐書店がイケてる本屋さんだった!

【早稲田】学生街の老舗、五十嵐書店がイケてる本屋さんだった!

編集部の伊藤です。

アトム通貨記事の早稲田編でもご紹介させて頂いた、五十嵐書店さん。
記事内でもアトム通貨に以外にも様々な歴史があると書きましたが、
 
宣伝も頼むよ〜(笑)
 
とお言付けを頂いてますので、改めてご紹介させて頂きます!!

 

早稲田大学へ続くメイン通りにお店があります。


 

五十嵐書店は、高田馬場駅から早稲田大学に続く早稲田通りの途中にあります。
あたり一帯は古本屋が立ち並ぶ学生の街という感じなのですが、その中でも五十嵐書店は特に目立っています。
なぜなら、他の古本屋と比べると異様に建物がゴージャスなんです。

 
IMG_1328
 
IMG_1329
 
IMG_1325
 
どうでしょう、綺麗だと思いませんか?

五十嵐書店のご主人曰く、10年ほど前に改装したばかりなんだそうですが、
古本屋とは思えないような内装の綺麗さには、思わず見惚れてしまいます。。。
建物自体も1階と地下1階の2階建て構造になっていて、さまざまな種類の本が置いてあります。具体的な本の数は伺ってないのですが、相当な量の古本がありそう…!ブック◯フなんかに置いてないレアな古本が見つかるかも!?

 
 

五十嵐書店のご主人は有名人だった!?


 

IMG_1332
 
本を買いに来たわけでもない僕に、色々と話を聞かせてくれた上にわざわざ倉庫から昔のアトム通貨を出してくれた五十嵐書店のご主人。
手塚治虫先生が亡くなった時の話や、戦後の早稲田の話を詳細に話してくれたのでもしかすると、只者ではない…と感じていました。

 
それもそのはず、
実は本人のエピソードが本になっているそうです!
 

早稲田に通っていたのに、こんな名物店主が近くにいたなんて気づかなかった…

早稲田大学に通っているみなさん、ぜひとも一度五十嵐書店を訪れてみてください。きっと早稲田の街の古き良き文化をその身で体感できますよ!

 

五十嵐日記 古書店の原風景: 古書店員の昭和へ
五十嵐日記刊行会
http://www.amazon.co.jp/dp/4305707551

 

編集部 伊藤