肌に直接、塗布するファンデーション。化粧水。乳液。

化粧品は、自分の身体を美しく、健やかに保つために毎日使うものだ。にも関わらず、ドラックストアの陳列棚に並ぶ化粧品を「機能だけに焦点を当て、できるだけ安く」買おうとにらめっこしている自分がいた。

どこで、誰が、どんな原料を使い作っているのかわからないものを、毎日肌に塗っている......。

あれ、これでいいんだっけ?

そんな気づきを与えてくれた人たちがいる。人を心身から美しくするだけでなく、地域を、社会を美しくする化粧品という思いを込めて、「社会派化粧品」と名づけられたジャンルのコスメを製造・販売している化粧品ブランドの作り手たちだ。

2021年、70seedsでは全国各地の地域でつくられている「社会派化粧品の作り手の想い」をインタビュー連載にしてお届けする。

その前に、そもそも社会派化粧品ってどんなものなの?という紹介をしておきたい。それと原点となった私の想い、社会派化粧品に出会い変化した暮らしのことも。

大森愛
ヒト・モノ・コトを紡ぐプランニングディレクター。 「朗々と、しなやかに暮らす」をモットーにいろんな地域やプロジェクトにてお節介しています。

昨今、トレーザビリティ(「その製品がいつ、どこで、だれによって作られたのか」​を明らかにすべく、原材料の調達から生産、そして消費または廃棄まで追跡できること)が謳われ生産地や原料を可視化する動きが活発になっている。生産者から直接購入できる場所も増えてきた。

もちろんスーパーやコンビニエンスストア、ネットストアなどで、いつでもどこでも欲しいものを欲しい分だけ手に入れられる生活は便利だ。けれど、旬の野菜や果物、魚を、生産者の顔を思い浮かべながらいただくときの気持ちは普段近場で買うそれとはやはり異なる。

作り手の顔が見え、体温が感じられるものを選び暮らしに取り入れることに喜びを感じるのだ。

だからこそ食に関しては、なるべく知り合った生産者から直接仕入れるようにしている。衣服に関しても同様だ。どこで作られているものか、材料は環境にも自分にも心地よいものか、考えて選んでいる。それによって自分の心も身体も豊かになることを知っているからだ。

こと化粧品にいたってはどうだろうか。

人は肌を健やかに保つために、年齢性別問わず、化粧品を用いて日々スキンケアを行う。忘れがちではあるが、毎日肌に塗布するという意味では食事と同じくらい大切な行為だともいえる。

しかしそこに作り手の体温を意識したことはなかった。

流れてくるコマーシャルや店頭の謳い文句に何の疑問も持たず肌悩みに対して機能や価格で商品を選ぶ。スキンケアの時間も感情をのせることなく、日々のルーティーン作業のようになっていた。

食と同じように日々欠かせない行為であり、肌に直接塗布するにも関わらず、化粧品じたいの原料や生産者に対して意識を向けていなかったのだ。

そんなとき出会ったのが、社会派化粧品だった。

「社会派化粧品」とは、全国各地でその土地ならではの地域資源を活用し、素材を厳選し、地域や社会をも健やかにする化粧品として、萩原健太郎氏の書籍『社会派化粧品』(2019, キラジェンヌ)に紹介されることで名づけられた化粧品ブランドたちの総称のこと。

引用:https://www.socosu.com/

ただ原材料にこだわり、作り手の顔が見えるコスメではない。

「地域を未来に繋いでいくこと」をテーマに、地産の原材料を活用し、地域の課題に取り組みながら肌を健やかにする化粧品なのだ。日本全国の地域で、それぞれのビジョンやミッションは異なりつつも商品開発に取り組んでいる人たちがそこにはいる。

面白いのは、どのエリアの人たちも「化粧品をつくることを目的としていない」ことだ。あくまで地域の課題を、地産の原材料を活用することを考える上で、結果として化粧品という一つの答えに辿り着いただけというから興味深い。

社会派化粧品に出会う前までの私は、肌に吹き出ものを見つけると「嫌だなぁ。効くコスメを探さなきゃ」と肌だけでなく心も揺らいでいた。でも今では「最近忙しかったらかな。週末は自分をいたわろう」と思えるように。

ただ毎日作業のように行っていたスキンケアの時間は、自分自身と向き合い対話する時間となった。肌だけでなく心も豊かになったのだ。

だからこそ、伝えたい。

マーケティングの観点からではなく、地域の良さを伝えるためには?という入り口から化粧品作りに携わる人々の気概や温度を。そして社会派化粧品を作る人たちの考え方や思想を。

かつての私のように、ドラッグストアで値段だけを見て化粧品を選ぶことに違和感を覚えつつある人、コマーシャルで見て肌に良さそうだったからと表面の情報だけでコスメを選んでいる人へ。

少しずつでも自分をいたわる豊かさを手にとってみてほしい。地域や環境の課題に地産の原材料を活用した化粧品を通じて取り組もうとする人の想いに触れてほしい。そう思い、今回この連載をはじめるに至った。

70seedsは意思ある人と前へというワードを掲げ、次の70年に残したいヒト・モノ・コトを伝えている。肌を、地域を、社会を、そして心を美しく、健やかにする社会派化粧品を次の70年に残すためにこれから様々な地域で社会派化粧品に携わる人々を取材していこうと思う。